読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UberEATSの競合店?「ファインダイン、楽びん」を比べてみる!

UberEATS 副業

f:id:biziken21:20170221133212j:plain

 

 みなさん、こんにちは。UberEATS配達員の田上です。

今日は、UberEATSの競合店である、ファインダイン、楽びんについて色々と考察してみたいと思います。

 

昔から出前という文化は日本にはあり、家でご飯を作るのが面倒なときは、「今日はそばでも取ろうか!」なんてことも多々あったと思います。おそらく10年前くらいまでは、フードのデリバリーと言えば、近所の蕎麦屋さん、ラーメン屋さん、お寿司屋さん、ピザ屋さんなどに頼むのが一般的だったでしょう。

 

そんな中、ここ数年で、目ぐるましい変化がフードデリバリー業界に起きています。蕎麦やピザといった、THEデリバリーフードみたいな食べ物だけでなく、人気のハンバーガーショップ、ドーナツ店、イタリアン、弁当屋さん、インドカレー、サラダ、フレッシュジュースなど、数多くの食べ物を家や職場にいながら食べれるようになりました。

 

このような変化の一役を担ったのが、今回紹介する「ファインダイン」「楽びん」「UberEATS」などのデリバリーサービスです。

 

それでは、これらの会社にはそれぞれどのような違いがあり、また強みや弱みなどはどこにあるのか、徹底調査していきます。

 

出前館やdデリバリーなどの、デリバリーしてくれるお店をネットのサイトに掲載しているだけで、デリバリーは実際に行っていない会社は除きました。また記事は、2017年2月21日のものなので、今後数字などは変わる可能性がございます。

 

 

UberEATSの競合店?「ファインダイン、楽びん」を比べてみる!

 ⒈契約店舗数で比べてみる!

 まずは、どれくらいの契約店舗数があるのか比べてみたいと思います!

 まずは私が配達員をやっているUberEATSですが、正確な数字は発表されていません。というか、基本はアプリで注文可能なお店が表示されるので、あまり気にしていないと思います。

他の配達員さんがやっているブログで、約400店舗というのを見つけられました!ちゃんとデータ取ってるみたいで、ガチ尊敬します!

ameblo.jp

 

続きまして、ファインダインです。

ファインダインは、さすが日本の企業です。UberEATSと違って、ホーページでちゃんと全店舗確認ができました(笑)

契約店舗数は、352店舗です。少しUberEATSが勝っていたので、嬉しくなりました。

www.finedine.jp

 

 

続きまして、楽びんです。

楽びんもホームページで確認ができました。正確な数字は載っていませんでしたが、約500店舗みたいです。(楽びんはレストランだけでなく、生活用品を売っているようなお店も契約店に入っています。)

 

rakubin.rakuten.co.jp

 

 契約店舗数でいうと、楽びん、UberEATS、ファインダインの順になりました。

まとめると下記のような感じです。

 

UberEATS

約400店舗

ファインダイン

352店舗

楽びん

約500店舗

 

調べるまで、楽びんやファインダインがどういう会社かは知らなかったのですが、楽びんは生活用品までデリバリーしているのですね。さらにはローソンとも提携しているようで、コンビニのおにぎりやサンドイッチも頼めるみたいです。

いやー、本当に世も末です。

 

 

⒉配達可能エリアで比べてみる!

 それぞれの配達エリアはほとんど被っています。ただ、どこの地域で注文できるのか、またデリバリーにとってはどこで働けるのか、ということはとても重要なので、比較してみたいと思います!

 

まずは、UberEATSからです。

今の UberEATSの配達エリアは、下記の赤くなってる部分が配達圏内になります。

これまた、曖昧ですね(笑)

 

f:id:biziken21:20170123224657j:plain

地名でいうと、渋谷、中目黒、五反田、竹芝、新橋、日比谷、新宿、代々木、四谷、三軒茶屋、下北沢、市ヶ谷、世田谷、千代田区などの地域が配達圏内です。

ほぼ山手線の下半分くらいというイメージですかね。

 

 

次は、ファインダインです。

ファインダインは、特に上記のような地図で示してはいないのですが、大田区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、世田谷区、台東区中央区、千代田区、豊島区、中野区、文京区、港区、目黒区の一部地域で配達可能のようです。

 

UberEATSと比べると、大田区、品川区、杉並区、台東区、豊島区、中野区、文京区が入ってる分、かなり広く23区がカバーされていますね。

イメージとしては、山手線の中は、ほとんど配達可能と言っていいでしょう。

配達範囲では、ファインダインに軍配が上がります。

 

 

次は、楽びんです。

楽びんも地図での表記はありませんが、渋谷・目黒・港・世田谷・新宿・品川区が配達エリアです。

他の会社と比べると、少し寂しいかなという印象です。

イメージとしては、山手線の下半分のさらに下半分といったところでしょうか。

まだまだ、これから増えてくるのでしょうか。

 

以上から、配達エリアでいうと、ファインダイン、UberEATS、楽びんの順になります。

 

 

⒊デリバリーの働き方や時給を比べてみる!

私はUberEATSのデリバリーをやっているので、UberEATSの給料事情はわかりますが、その他は全く分かりません!

中には、兼業でこれらの会社で働いている人もいるようなので、正直私的には、一番気になるのがこの項目です。それでは、比較してみましょう!

 

まずは、UberEATSからです。

多分3つの会社の中で一番特殊なのですが、UberEATSは時給制ではありません。運んだ数によって給料が決まります。なので、他の2つの会社と比べるのは難しいですね。

一応私がやっている感覚で時給で換算すると、1200〜2000円くらいの時給換算額になると思います。

シフト制でもないので、かなり自由に働いています。実際今週は、2日間の昼間しか出ていません(笑)

自転車かバイクでの配達になるのですが、どちらも自前で用意する必要があります。そういった意味では、3つの会社の中では「一番始めにくく、働きやすい」と思っています。

 

 

 次は、ファインダインです。

ファインダインは時給制で、自転車が1100円、バイクが1200円となっています。(ただし、ピーク時は時給が多少上がるようです)

また働き方は、シフト制のようです。シフトは週で出すのか、月で出すのかは不明です。

ファインダインは、UberEATSとは違って、自転車やバイクはお店で借りれるので、自分で用意する必要はありません。

また、研修制度もあるので、デリバリー業が初めての方でも始めやすいかと思います!(ちなみに、UberEATSは研修なんてありません。いきなり道路に放り出されます(笑))

 

recruit.finedine.jp

 

 

次は、楽びんです。

楽びんは、時給制のようですが今現在この仕事は募集がどこにも出ていないので、なんとも言えません(汗)

一応過去に募集されていた要件を見た上での情報ですので、参考程度にしてください。

時給は1500円で募集されていたようです。

自転車での配達はたまに見かけますし、2人で配達している(おそらく研修)のも見かけるので、募集はどこかでしているはずですが、ネットで探す限りでは募集は見つかりませんでした。

もしこの記事を見ている方で、楽びんの仕事をやられている方がいらっしゃいましたら、コメントなどで時給などを教えてもらえると助かります。

sftworks.jp

 

 

⒋配送料や最低注文金額を比べてみる!

UberEATS

380円

何円からでもOK

ファインダイン

合計金額の15%

最低2,000円

楽びん

390円、770円

最低980円

 

 ※楽びんの配送料の違いは、直接渡してもらう場合は770円で、配送車まで取りに行く場合は390円です。

 

自分のやっている仕事を擁護するようなのですが、この項目だけ見ると、UberEATSはかなり使いやすいと思います。最低金額がないのは、かなり大きいと思います。(たまにジュース一杯で頼むお客さんもいます)

 

ただ、最低金額がないUberEATSは、はっきり言って、かなり赤字をたれ流していると思います。私が運んだ商品が全部で600円くらいなのに、私が配達料として800円もらうという現象が起きてます。正直、「これどうやって採算とってるんだ?」と疑問に思います。

とりあえずは、利用者を増やすために、最低金額を設定していないのかな?と考えてます。

 

 

 まとめ

4つの項目で、UberEATS、ファインダイン、楽びんを比較してみましたが、皆さんはどの会社に魅力を感じましたか?

  • UberEATSは最低注文金額がないので、気軽に頼める。
  • ファインダインは配達エリアが広いし、配送料も合計金額が2000円の場合は一番低い
  • 楽びんは生活雑貨も運んでくれる

 それぞれの強みがあって、自分で調べていて、かなり楽しめました。

この中でも、私はUberEATSとたまたま最初に出会って、副業としてデリバリーを始めてました。

それで、この仕事に魅力を感じ、このサービスをみんなにもっと知ってほしくて、このブログを始めました。

 

この3社はこれからも、東京のフードデリバリー業界を引っ張って行く存在です。私はこれからも、デリバリー業界の情報を可能な限り発信していけたらと思っています!

 

 

 

今回の記事を読んでUberEATSを使ってみたいと思った、そこのあなた!下記の記事からアプリの使い方を調べて、注文してください(笑)

今なら、3500円分の無料クーポン付き!!お店も美味しいお店ばかりですよー

私が配達に行く可能性も(笑)



今回の記事を読んでデリバリーの仕事をやってみたくなった、そこのあなた!下記の記事から応募方法が確認できます!

みんなも一緒に、ウバろうぜ(笑)

 

 

 

広告を非表示にする